こーんな光景を見た!これは何でしょう。
f:id:onmy:20160827023545j:image:w450
正解は後半。

今日から、ヨガ行こうと思ったら
月に一度のお休みだった。
ガーーン。出鼻挫かれた。
何しようか、考える。

観光は、別にいいかな。。
まずは、昨日はデパートで買えなかった
ガムテープや、日用品をスーパーマーケットに買いに行こう。
あと、フードコートを教えてくれたSさんに
ターミナル21にフードコートなかった(´・Д・)」って報告したら
あるから探してみて。とのこと。スーパーマーケットもあるよって。
昨日は、自己嫌悪に動揺し、ちゃんと見てなかったみたい。
よし、ちゃんと調べてリベンジ。

その後、ナイトマーケット的なのないかなーと調べてたら
スクムウィットからたった3駅の駅前で開催されてる
面白そうなのの記事を見つけた。今日のスケジュール決定!


まずは、フードコートへ。
ターミナル21の5階 サンフランシスコ ZONEにある
PIER21っていうフードコート。
f:id:onmy:20160827023637j:image:w200
めっちゃ、広い!綺麗!店もすっごいある!
食べたいタイ料理、ほぼここで網羅できてるんじゃ。
しかも、一品30バーツとか、そんなもん。

Sさん、有難う〜(つД`)ノこんなテンション上がるところ教えてくれて。

プリペイドカード式。
また来るから150バーツいれとこ。
f:id:onmy:20160827023657j:image:w200
今日は、なんとなく、これ!!
カシューナッツが入ったイタメターノ。
目玉焼きつける?って聞かれた。つけない理由はない。
f:id:onmy:20160827023736j:image:w200
卵つけても37バーツ。
f:id:onmy:20160827023720j:image:w200
ココナッツアイスを見つける。
無類のココナッツ好きなので、ココナッツ見たら我慢は無理。
果肉も下にひかれてあって、アイスも濃厚〜。
f:id:onmy:20160827023849j:image:w200
次は、このミックスジュースのも。
f:id:onmy:20160827023901j:image:w200
歩きフルーツも、売ってる。
f:id:onmy:20160827023911j:image:w200
もう一回ちゃんと各フロアを見たくなった。
ここは、各階がローマだとか都市の名前になってて
日本もあったよ。

写真を撮ってる人達、を、撮る。
f:id:onmy:20160827023931j:image:w400
よく見たら、洋服とか雑貨とか、かわいいのがお手頃だったわー。
昨日、何でH&Mにいったんだろ。
お手頃サマードレス見つけた!これで大沢たかおさんにディナーを誘われても
何とか誤魔化せる。
あ、でも靴がない。えーと、靴屋、靴屋・・・
はっ!妄想のまま、いつの間にか靴屋に来てる(゚o゚;;
バカ。靴なんかいらん。

ドレスも安いねー。
f:id:onmy:20160827023953j:image:w200
こんなの誰が着るのだろう。ニューハーフのおねいさんかな。
f:id:onmy:20160827024006j:image:w200
謎の日本語。
f:id:onmy:20160827024036j:image:w200
地下にスーパーマーケットもあった。
一応、隣のビルにもあるみたいだから、そっちも好奇心がてら見てみる。

ロビンソンという店の地下に
トップスというスーパーマーケットがある。
ロビンソンは、日本でいうイオンみたいな庶民的なショッピングセンター。
日本製のプチプラコスメもいっぱいあった。
f:id:onmy:20160827024049j:image:w200
ガムテープ確保。他、シャンプーなど日用品もOK。

では、ナイトマーケットに向かおう。
夕方のラッシュにあたってしまった。
しかし、日本とは違う国民性を知る。
東京だったら、電車が来たら、
このホームにいる奴は全員、今きた電車に乗る権利があるぜ!って
ギュウギュウに前の人を押して、無理やり乗り込む。
駅員さんも、人を押して加勢する始末。
まるで、私がパッキングで大量の荷物を無理やり押し込む様子のようだ。
でも、タイの人達は、ある程度人がのったら自主的に乗らずに次の電車を待つ。
考えられん!まだまだ詰めれば乗れますよ?
しかも、あ〜あ〜乗れなかったぁ(´-`)っていう感じでもない。

日本人がせっかちなのね。
前に、鍼灸の先生がエレベーターまでお見送りしてしてくれた時
「renadondaさん、僕が今やってること、してみて下さい。
エレベーター乗ったら、閉まるボタンを押さないんです。
その数秒を急いでどうするんだっていう、そういうんです。」
と、言うのを思い出した。
私いっつも、急いでる。最短で着きたいと思っちゃう。
タイの人達の、のんびり感、やっぱり好き。見習おう。
そんなに、急ぐことも、そんなに沢山の事を背負うこともないね。
私のバックの中が、私の頭の中なのだ。断捨離したい。

さて、スクムウィット駅からメトロで3駅のタイランド カルチャー センター駅の
駅すぐで行われるタラートロット ファイラチャダーというナイトマーケット。
f:id:onmy:20160827024251j:image:w200
チェンマイに1ヶ月滞在していたときも、
ナイトマーケットにはまり、学友とや1人でよく行っていた。
友達と行った方がやっぱ楽しいけどね。毎日がお祭りって感じ。
f:id:onmy:20160827024321j:image:w250
駅を出るとすぐにエスプラネードという大きなショッピングセンターがあって
その裏手に回ると、マーケット会場!!
f:id:onmy:20160827024357j:image:w200
f:id:onmy:20160827024341j:image:w200
すごい広い!
食べ物屋さん、洋服屋さん、車を利用したかわいいお店や、かっこいいバー。
ライブもやってました!
これは、タイの若い人達には人気でしょー。
f:id:onmy:20160827024411j:image:w200
f:id:onmy:20160827024422j:image:w200
f:id:onmy:20160827024439j:image:w200
f:id:onmy:20160827024503j:image:w300
今日の買い物で唯一、手に入らなかったものを、ここでゲット。
延長コードと思っていたけど
要はiPadを充電しながら枕元において眠れたらいいのです。
相棒のiPadとピロートークしながら眠りにつきたいわけです。
2メートルある充電ケーブルゲット。ちゃんと充電できるか トライさせてもらった。
f:id:onmy:20160827024632j:image:w200

暗くなるにつれて、凄い人出になってきた。
f:id:onmy:20160827024656j:image:w400
これ、一人じゃなかったら絶対、やってみたいやつ。
手袋してムシャムシャするやつ。
f:id:onmy:20160827024710j:image:w200
香水の量り売り屋さん!香水も置いてきたのよねー。
いつもはジャスミン系一筋なのですけど、
色々、試してみて、ミョーに気になったのが
このヴィクトリア シークレットの、スキャンダラス。
インドで生花を髪につけた、生ジャスミンの香り漂う女性とすれ違って以來、
可憐な女性に憧れ、ジャスミン教でしたが、
ちょっとこういう甘ったるい、悪そうな女性の香りもいいんじゃない。
前に、悪女になりたいって言ったら
renadondaには無理。って言われたin 大阪。
ちっ、(¬_¬)この匂い一つで変われるかもしれんよ。
5mlで100バーツ。買ってみよー。
f:id:onmy:20160827024720j:image:w200
ココナッツミルクシェイクを飲む。
と、謎の食べ物が気になる。
何これ?って聞くけど、通じてないみたい。
食べたらわかるから、買うわ。
どうやら、イカっぽい。
かかってるソースがスパイシー。
f:id:onmy:20160827024746j:image:w200
f:id:onmy:20160827024756j:image:w200
ロティを見つける。
アジアどこいっても、ロティまたはパロタ食べてれば機嫌いい。
もう、夕飯はイカと、このロティでいいわ。
f:id:onmy:20160827024807j:image:w200
この直後、手に持っていたイカ汁を昨日買ったばかりのH&Mの服にこぼす。
f:id:onmy:20160827024824j:image:w200
こぼした瞬間の写真。ワワワΣ(゚д゚lll)

イカ汁でテンションが下がったので、マーケットを出る。
イカ汁のスパイシーソースの香りでは、
スキャンダラスな悪女どころじゃない(。-_-。)

そしてロティを食べながらエスプラネードの屋上駐車場に行く。
ここから、ナイトマーケットの全貌が見えるらしい。
f:id:onmy:20160827025015j:image:w400
スゴーーーー!想像以上に凄い!
写真に全体が入りきらない。この倍はある。
ここで、無数の人達が活気よく楽しんでいる。
美しい。。テントが美しいなんて、思ったことがない。

イカ汁で落ち込んだ気分も、吹き飛んだ。
ここのナイトマーケットは、おすすめです!

ブログ村ランキング参加してみます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村