20160428095845

私は暇さえあれば、クローゼットや引き出しを開けて、中を確認しています。

 

いつのまにか、クローゼットや引き出しの中を確認するのが習慣になっていて、もはや趣味の領域かもしれません(笑)。

 

クローゼットを確認して、いらないものを見つけると、なんかうれしいんですよね。

明らかに、変な趣味です。

 

物を捨てるのが好きなわけではないのですが、いらないモノを処分して、どんどんクローゼットや部屋がすっきりしていくと楽しいし、たぶんストレス発散になっています。

 

小さな収納BOXの中を整理するだけでも、「これ、もういらないよね?」というものが見つかるし、いらないものを捨てて、整理して、収納BOXがすっきりすると、ちょっとした達成感を味わえます。

 

何か買いたい!と物欲がメラメラしているときほど、クローゼットや引き出しを確認して、いらないもの探しをすると、物欲がおさまります。

 

「暇があれば、クローゼットを確認する」という習慣のおかげで、物が増えず、すっきりした部屋を保てるようになりました。

 

さすがに、毎日確認していると捨てるものもなくなってくるのですが、捨てなくても、ただ整理したり、整理しながら買い足すものを考えたりするのが、たぶん自分にとって楽しいことなんだと思います(無意識でやっているので^^;)。

 

そういえば、雑貨店勤務のころも、在庫室の整理をするのが大好きでした。ごちゃついている商品をカテゴリーごとに整理して、取りやすいように工夫することに燃えていました。

 

掃除はあまり好きじゃないけど、片づけは好きなようです。

 

そして、今日も仕事の合間にクローゼットを眺めて、「これ、もういらないかもなー」と考えていたのでした(笑)。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

・美容院の予約はネットを活用

・毛穴の黒ずみゼロへ

・いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

・人生で一番無駄な時間は、「探し物をしている時間」でした。 - ひつじ日和

・【断捨離】元に戻ってしまっても、何度でもやり直せばいい。 - ひつじ日和

・読むと掃除と片づけがしたくなる本。「部屋は自分の心を映す鏡でした。」のレビュー。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク

 

f:id:tamayoshi:20161005195236j:plain

北海道といったら時計台というイメージらしい。そう?どう?

ともかく時計台の前には観光客がたくさんいて、北海道の観光地であることには間違いない。そして有名。それから、がっかりスポットと呼ばれているらしい。

それは知ってる人も多いだろうけど。でもさ、時計台の中に入ったことある?どさんこカメラはありませんよ。

入ったこともないのに悪口も言えないので、ほんとにがっかりするのか行ってみたよ。

はじめての時計台。

 

 

ビルの中にこじんまりと建つ、かわいらしい白の建物。外見は結構古い感じ。どうやら木造。

f:id:tamayoshi:20161007202413j:plain

ところどころにある、星形のデザインがかわいいね。

 

 

おなじみの時計台の後ろ側はこんな感じ。

結構、奥行きがあるんだね。

f:id:tamayoshi:20161005195733j:plain

 

入場料は200円と良心的。

さっそく入ってみると、中は2階建ての造り。

 

1階には図書資料が棚にずらりと並べられています。

机、椅子も配置され、自由に読むことができるようになっていますが、誰が読むんだろう・・・というチョイスの蔵書が目立ちます。

しかしながら逆に言うと、外で記念撮影をする観光客の騒がしさとは裏腹に、さながら図書館のような静けさを持つ貴重な場所でもあります。

札幌観光に歩き疲れたら、ちょっと休憩するのもいいかもしれません。

そういえば時計台は、観光地化する何十年か前までは、図書館として市民に利用されていたそうです。

 

同じフロアには申し訳程度のお土産屋さんもあります。

 

その奥は北海道開拓の歴史の展示。

時計台の成立は北海道開拓史と切り離せないものなので、ちょっとお勉強するにはいいかもしれません。

f:id:tamayoshi:20161005195824j:plain

さて、この展示を、うすーく説明します。

明治4年。北海道開拓には人材育成が必要だから、農学校を建てた方がいいよ。と開拓使のケプロンさんが言い始めたため、「札幌農学校」という学校が開校しました。この学校はのちの北海道大学になります。

で、札幌農学校の演武場として、クラーク博士の構想のもと設立されたのが、この時計台。

クラーク博士は「少年よ大志を抱け」の、あの人ですね。

演武場っていうのは何かっていうと、イメージ的には体育館みたいなものだそうです。

つまり体育館に時計をつけちゃった感じです。

体育館とはいってもですね、体育の授業のほかに、兵法訓練なんかもやってたみたいです。というのもクラーク博士が学長をしていたアメリカの学校には兵学科っていうのがあったらしくて、札幌農学校はそこをお手本にしていたから。

 

「武器庫」をみつけました。兵法訓練のなごりでしょうか。

f:id:tamayoshi:20161005195421j:plain

2階は体育館、訓練場として使われ、1階は動物や鉱物の標本展示室だったそうです。

時計台は農学校の座学以外の場所って感じだったんでしょうね。時計がメインだったわけじゃなかったんだね。

ふーん、歴史を感じますねー、と展示を見てたんだけど、あれ?開拓時代からあるってことは、君何歳よ??

 

時計台は貴重な建物だった。

時計台が建てられたのは明治11年(1878年)。140年くらい前じゃん。

明治期に建てられた木造の建物っていうのは、火災なんかで焼けやすいからほとんど残っていない。そういう意味でも時計台は貴重で、実は国の重要指定文化財に指定されています。何度が軽微な改修はしているものの、ほとんど変わらない姿は貴重なんだね。

明治時代にたびたび札幌を襲った大火の際は、焼失した裁判所や郵便局のかわりとして使われたこともあったんだって。

f:id:tamayoshi:20161005195352j:plain

 

 

 

もっと貴重なのは時計機械。

時計台の2階に上がると、時計台の時計の仕組みがわかります。

2階はこんな感じ。

f:id:tamayoshi:20161005195527j:plain

レトロでかっこいいですね。

 

奥には時計台のしくみの解説があります。ふくざつ。

 f:id:tamayoshi:20161005195557j:plain

これが時計台の内部なんだ・・。秘密をのぞいているみたい。

f:id:tamayoshi:20161005195936j:plain

 

柱の右側と左側におもりが入っているそうです。時計台は、いまだにおもりの上下運動で動いている時計なんだよ。

f:id:tamayoshi:20161005195853j:plain

しかもこのおもり、時計が狂わないよう週に2回、人の手によって巻き上げる作業をしているそうです。

そこまでアナログなの!?と感動してしまいました。

 

これは時計台の内部に入っている時計と全く同じもの。いわゆる兄弟時計です。

f:id:tamayoshi:20161005195500j:plain

f:id:tamayoshi:20161005200241j:plain

ハワード社というとこの時計機械で、時計台の中の時計もこれと同じもので動いています。

ゼンマイいっぱい。かっこいい。

f:id:tamayoshi:20161005195635j:plain

この時計機械の保守が大変そうと思った方、

札幌市時計台HPのお話しが面白いので読んでみてね。

 

 

おまけ。 

時計台写真スポット。 

①時計台自体を撮りたい人。

信号を渡って、時計台の向かいのビル(今はTONYROMA’S)のテラスの上から撮る。

f:id:tamayoshi:20161005195312j:plain

 

 ②時計台と記念撮影したい人。

時計台の前に撮影台があるからそこに上ると上手に収まる。はずかしがらずに。

 f:id:tamayoshi:20161005200213j:plain

 

 

 

 

 

意外と面白かったです。 

f:id:tamayoshi:20161007215335j:plain

この日は見れなかったんだけど、毎朝9時15分から2階で機械の説明をしているそうです。

時計台の鐘は毎時丁度に、その時刻の数だけなるのでそのタイミングをねらって2階に行くのもいいかもしれません。

スタッフが時々解説をしていることがあるので、それを聞くとよりわかりやすいと思います。鐘の音の音階はなんでしょう。とかね。

鐘の音は半径2.5キロ先まで聞こえたんだって。140年も前と同じ音っていうのがすごいよね。

カーンカーンっていう爽やかな音なんだけど、あれ?聞いたことある?

と思ったらSTVラジオの時報になってたあの音だなあ。


七夕の朝9時を知らせる札幌時計台

こんな音です。

 

 

 

f:id:tamayoshi:20161005200053j:plain

時計台にがっかり、という人は北海道の観光名所といわれるところ、どこに行ってもがっかりするんじゃないかなぁ。

北海道には日本一高いタワーもないし、ミッキーもいない。

アドレナリンが噴き出るようなハイになれる観光地なんてない。

かといって飛鳥時代の古墳もなければ桃山時代の寺院もない。

100年そこそこの歴史に浪漫の創造を抱けるか、否か。悲しいかなそういうことです。

 

しかしながら、ぴかぴかした最先端のものなんてお金があればできるんだけど、わざわざ手間をかけないといけないものは、お金だけでは維持できないよね。

じゃ、ちっちゃい時計台とゼンマイだらけの機械を守るのは一体何でしょう。

 

 

あ、10月16日は、138年前、時計台の落成式が行われた日です。

「不可」というメッセージが渡されたらショックですが・・

 

実はそこに別のメッセージが隠れていることもあるかもしれない。

 

 

「教授から渡された」とされるこの文字。

 

「不可」と書かれていますが・・

 

f:id:AR30:20130914090824j:plain

 

 

これを逆さにすると・・

 

f:id:AR30:20130914090840j:plain

 

 

うーん・・

 

教授から渡されたっていうのが・・

どうとらえれば良いのか。。

 

 日本銀行神戸支店は16日、阪神・淡路大震災から20年が経過したのを機に、当時の対応策などを写真や資料で振り返る記念展示を開催する。日銀は震災当時、金融不安を起こさないために、神戸の市中銀行に大量の現金を供給するなどした。

 展示期間は2月2日から16日までの土日以外で、1日3回、各20人を定員とした。11日には野原強支店長の講演会も開き、定員は60人。いずれも入場は無料で先着順。19日から見学や聴講の希望を受け付ける。

 

www.reddit.com


作戦立案や『杭』の打ち込み作業、隊の編成等は、
予定より30パーセントほど早く、順調に進んでいる…


ナタリーは、仮眠のために、本部 宿舎のベットで横になっていた。
すると不意に、異様の気配を感じた。


身体を起きあげると、目の前に5体
風の精霊『シルフ』がいた。


ナタリー
『…(シルフ?…誰かが召喚したの…?)って?なんで私の部屋に!?』

シルフ達は一様に、申し訳なさそうな表情をしたかと思えば、風の紐で私の動きを封じてきた。


ナタリー
『ふぐぐっ…ぐふっ!(しまった!内通者でもいたか!?)』


身動きを封じられると、自室の扉が豪快に開き、そこから3人が入り込んできた…

3人は、それこそ、馴染みの顔だった。


ナタリー
『…(クラレス師団長に、ラック先生、そしてドックマン?まさか、この3人が内通者?)』


アレックス
『…蒼の、まさかと思うが、俺たちを内通者だと思ってはいまいな?』

ルーグ
『…この状況では、それを疑われても無理ないかの…』

アレックス
『まあ良い、緑のじいさん、ちゃんとこの狂戦士をちゃんと縛っておけよ!』

やっぱり、このシルフ達、並の力じゃないと思ったら、ラック先生が召喚したようだ。


アレックス
『…『赤』の称号のもと、名を示し、縛り、契りを交わす。この理導を通し、ここに結べ!…』

ナタリー
『ふぐぐっ!ぐっ!』
猿轡状態で喋れない…
このままでは、『縛りの魔術』をかけられてしまう!でも何故?!


アレックス
『…汝、自らの意思で、自らの命断つこと、ここに禁ず!』

ナタリー
『…!?』


私に『縛りの魔術』をかけた上で、ようやく私は解放された…


ナタリー
『…状況の説明を願います』
(無論、弁明の余地はない!)


ルーグ
『…終焉のトランペッターを完全に掌握する方法は『身投げ』…とわしは考えておる。』

私はどきりとした。


ルーグ
『…つまりは、
術者が『自身を消滅させることを前提』に行えば、その他の被害は無い…というところまではわかった。
…どうかね?蒼の魔術師どの?』

ナタリー
『…さあ、どうなんでしょうね?』

ハンダー
『…お前は本当に分かりやすいのな。
マインド・オープンをかけなくても、お前の考えてることは分かる。てゆうか、わかりやすすぎる。』

ルーグ
『…しかし、お前は、赤の奴に縛りをかけられてしまった。
…でも、今後一切、関係の無い縛りのはずじゃ、…どうかね?』

ナタリー
『…』

ハンダー
『…お前は今こう考えているだろ?
『問題無いわけ無いじゃない!だって、予定では、私が終焉のトランペッターを、『私自身が消滅することを前提で成立』するように、計算してたんだからっ!』
…こんなところだろ?』

ナタリー
『…黙秘します。』

アレックス
『…はっ、この死に急ぎ野郎が!
死んで、英雄にでもなる予定だったんだろうけど、…そんな美味しい役、持っていかせるかっての!』

ルーグ
『…わしは君の名付け親だ。…親より先に死のうとは、とんでもない親不孝者じゃ…』

ハンダー
『…なんでっ!…なんでいつもそうやって背負いこむ。
遺される者の気持ちは、お前がよくわかっているだろう?…それなのに、…ナタ…お前は…っ!…』


ドックマンはそこまで言って泣き始めてしまった。

…何故だろう?気がつくと私も涙が出ていた…
…これはもらい泣きなんだ。私は悲しくなんて無い…。

でも、間違っているかもだけれど、なんだか暖かい気持ちだ。

f:id:zitumiki:20160329145242j:image

最近の花たち

2018/04/09

f:id:amanedoll:20140528083213j:plain
f:id:amanedoll:20140528083234j:plain
f:id:amanedoll:20140528083242j:plain
生花では花をいける前に手を合わせるのだそうです。
植物の生命を扱うからです。

ただ観賞する為ではなく、精神性を深めてゆくこと。
形に自分を嵌め込んでゆき、そこに入らないものを無駄なものとして捨ててゆく。そこからまた自由を見つけてゆく。


私が習うフラワーアレンジメントでは、最高の瞬間を飾る為に全力を尽くすように教わっています。
しかし生花ではすべての瞬間が平等。
そして花の生命のうつろいを最後まで見届けるのだそうです。


こう書くと全く別の事のような感じがしますが、生花もフラワーアレンジメントも実は同じ事なのでは無いかと考えています。

フラワーアレンジメントだから生命を物みたいに考える事などありえないし、生花だから瞬間の美を考えない事だって無いと思います。


それは何だって同じ事かもしれない。
すこし角度が違うだけで。

ちょwwwホメられてノビるくんのテーマちょうでじゃぶwww

梅雨に入り、毎年の通りした瞬間は曇天だけどその後は暫く好天。これを逃すまいと気持ちだけは頑張るけど体がついていかねーっす。
来月ちょいとエンデューロ的なレースに参加することが決まってしまったので鈍った脚をどうにかせねばと気にしつつも、すっかり重くなった腰が上がらない…。今までロングライド向きの乗り方しかしてこなかったから、急にレースなんてどうしたらいいんだ。

6/2 ~ショップライド~
毎月恒例のショップカフェライド。今回は片道10kmちょいをゆるりと走りパン屋で軽く朝食を取るという予定。事前の参加者状況は2~3人との事だったのだが行ってみると当日は10名というゆるイベントの割に盛況。まぁこれもいつものことだけど予定していたお店ではキャパ的に厳しくなるという。どうにかなるけど。
ゆるイベントなのに珍しい方が参加していたりとコミュニケーション的にもゆるりと楽しいライドだった。暑いので30km弱で終了。

6/3 ~平坦が好き~
まぁまぁ爽やかな気候だったのでそこそこ早く家を出て川沿いを南下。海沿いの某観光地付近へ向かうもちょっと時間が早すぎてごはん処の選択の余地無し。でもこういう所は何処入っても値段はともかく外れはあまり無いので開いてる店で美味しくお腹を満たす。
あまりアップダウンが無い道を選んだのに、平地で高速巡行を強いられ下手に登ったり降りたりするよりも脚が死にまくった気がする。3日くらい疲れが抜けなかった…。
んなわけで今日は97km376mUPだったけど、自分は気持ちが切れた後(=家が近いと気持ちが切れる)帳尻合わせとかしないんで100knには到達せず。

6/11 ~寝坊とか~
涼しそうなので某半島一周しようと思っていたけど寝坊で半周くらいに。途中旦那氏の急激な空腹により予定よりも早いランチになり、その後急遽かき氷屋に向かうなど計画外の事態が色々。ある程度地域を把握している所だから可能だけど、初めて行くような所だったら方向音痴夫婦は死んでいたかもしれない。
この先はよくわからんけど行くぞーみたいの繰り返して適度に登ったり下ったりしながら112km、503mUP、いつものことだけど翌日はよぼよぼ。





水谷豊さんといえば

最近は、ドラマ「相棒」ですよねー

 

で、それが浸透しすぎたせいか・・

 

ドラマのロケ中に

通りがかかった主婦から

 

「この辺で何か(事件が)あったんですか?」

と質問されたとか(笑)

 

 

TIME CAPSULE

TIME CAPSULE

  • アーティスト: 水谷豊
  • 出版社/メーカー: エイベックスイオ
  • 発売日: 2008/05/14
  • メディア: CD
  • クリック: 141回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 

 

もうすでに、役柄の方で覚えられているということか!(笑)

 

これ、刑事役だからいいですけど

以前・・どなただったかなぁ〜〜

 

スポンサーリンク

俳優さんで、ドラマの中で

頼りない旦那の役をやってたら

 

街で主婦から

「あんた、もう少ししっかりしなさいよ!」って怒られた

という話しを聞いたこともありました。

 

瑛太さんだったかなー

 

どこの世界に

日常生活をテレビで公開している人がいるんですか!!(笑)

 

あ、でも、

ビッグダディとかは

リアルにそうだから・・

 

だから、間違いが発生するんですよねー

 

あれは・・

ドラマではないってことでいいんですよね??(笑)